登錄站點

用戶名

密碼

不小心=つい?うっかり?

1已有 387 次閱讀  2014-03-04 01:11   標籤料理  手包  最好 
Ken的手包滿繃帶進公司,

同僚:Ken、どうしたの?
(你怎麼了?)

Ken:昨日料理をするとき、つい手がコンロに触れて、やけどしたんだ。
(昨天煮飯的時候,不小心手摸到瓦斯爐,燙傷了)

同僚:あれ?いつも触ってる?
(咦?你平時也會摸嗎?)

Ken:なーに?そんなわけないでしょう!
(啥?最好會那樣啦!)


請問為什麼同事會誤會Ken的話呢?
他的日文有什麼奇怪的地方呢?
















問題出在「つい手がコンロに触れて」這項用法上,

日文當中,表示「不小心、不經意」的用法有:

「つい」
「うっかり」

那麼差別在哪裡呢?

「うっかり」

中文為「不留神、不小心」,
表示分心或不小心所造成的失誤,用於非習慣性的失誤,

例:

うっかりして、財布を家に忘れた。
(不小心將錢包忘在家裡)

彼の秘密をうっかり喋ってしまった。
(不小心將他的祕密說了出來)

「つい」

中文為「不由得、不經意」,表示忍不住做了本來不該做的事情,
常用已經成為習慣毛病的情況,

例:

店員に勧められて、つい高い服を買ってしまった。
(被店員一直介紹,不經意間就買了高價衣物)

テレビゲームをしていて、つい夜ふかしをしてしまった。
(一直玩電動,不經意間就玩到很晚了)


如果說「つい手がコンロに触れて、やけどしたんだ。」
意思就會是「昨天煮飯的時候,忍不住摸了瓦斯爐,燙傷了」


因此,例句情況應該改說成:

Ken:昨日料理をするとき、うっかり手がコンロに触れて、やけどしたんだ。
(昨天煮飯的時候,不小心摸到瓦斯爐而燙傷了)
分享 舉報